CFDにおけるpipsとは?意味や役立つ場面を詳しく解説しました

こんにちは! 株識編集部の前田です。

FXトレーダーの間でよく使われている言葉に、pipsというものがあるのはご存知でしょうか?pipsは「ピプス」「ピップス」などと発音します。珍しいところで「ピップ」や「ピピ」などと呼ぶこともあるそうです。まあそれはさておき。

FXにおけるpipsとは簡単にいうと、「流通している通貨の最小単位の1/100」のことを指します。通貨には「円」や「ドル」など様々な単位があります。それらに変わって便利な単位として使われるのがpipsです。

CFDはFXと同じ差金決済取引ですが、同様にpipsが便利な単位として使われます。各証券会社も、pipsを単位としてスプレッドを表記していることが多いです。しかし、FXとは違ってCFDのpipsは明確な定義がありません。

というわけで、今回はまずCFDのpipsをよりよく理解頂けるよう、まずFXにおけるpipsの仕組みを解説し、その後で「CFDにおけるpipsとはなんなのか」「CFDでpipsが役立つ場面」について解説していきます。

まずはFXのpipsをおさらい

まずはFXにおけるpipsの定義について解説します。

冒頭で僕はpipsについて「流通している通貨の最小単位の1/100」と説明しました。これについて詳しく書きます。

「そもそも流通している通貨の最小単位とはなんなのか?」ですが、これは日本円で言うとズバリ「1円」を指します。円の下にも「銭」とか「厘」とかありますが、これはあくまで補助単位なので、一般に流通しているわけではありません。

最小単位である1円の1/100は0.01円です。つまり日本円の1pipsは0.01円、ということになります。勘の良い方なら気づいたかもしれませんが、「0.01円 = 1銭」なので、1pipsは1銭という解釈もできますね。

通貨が変わって米ドルなら、流通している最小単位は「セント」です。つまり米ドルの1pipsとは0.01セントであり、ドルに直すと0.0001ドル、というわけです。

このように、pipsは通貨によって違います

そのため「覚えるのが大変そう」という印象を持つかもしれませんが、大丈夫。僕たち日本人が使う日本円と、たいていの通貨で取引される米ドルのpipsさえ覚えておけば、とりあえずなんとかなります。

CFDにおけるpips

CFDのpipsは最小単位の1/10だったり、最小単位 = pipsだったりと、最小単位の1/100と明確に決まっているFXとは少し事情が違います。

まずはこちらの証券会社が設定しているCFDのスプレッド(売値と買値の差のこと)をご覧ください。

AXIORYのスプレッド image by AXIORY

日経225(Nikkei 225)のスプレッドは1.2pipsとなっており、Bid(売値)とAsk(買値)の差は12円です。つまり、この証券会社の日経225は1pips = 10円なので、最小単位の10倍が1pipsということになります。

次にNYダウ(Dow Jones)のスプレッドに注目してみましょう。スプレッドは0.6pipsで、BidとAskの差は6ドルです。つまりNYダウの場合は1pips = 10ドルになります。ドルの最小単位はセントですが、これもFXと事情が異なる点の一つですね。

今度はこちらの証券会社のスプレッドをご覧ください。日経225(JPN225/JPY)のみ単位は銭、それ以外はpipsが単位です。

DMM CFDのスプレッド image by DMM CFD

NYダウ(USDJ30/USD)のスプレッドは3pips、BidとAskの差は3ドルです。つまりDMM CFDはAXIORYとは違い、1pips = 1ドルということになります。

しかし、全ての銘柄が1pips = 1ドルというわけではありません。銀(SILVER/USD)のスプレッドに注目してみて下さい。スプレッドは5.4で、BidとAskの差は0.054ドルです。つまり、1pips = 0.01ドルということになります。

このように、CFDのpipsはFXのように定まっておらず、証券会社、あるいは銘柄によって違ってくるのです。

そのため「なんかFXよりも大変そう」と思うかもしれませんが、大丈夫。CFDのpipsが証券会社によって違うのはハッキリした定義がないからなので、あなたもざっくり考えれば良いのです。

CFDでpipsが役立つ場面

pipsはFXで便利な単位として使われていると冒頭で書きましたが、もちろん、CFDでも同様に役立てることができます。その方法はFXと大体一緒です。

というわけでここからCFDでpipsが役立つ場面を紹介します。今回は分かりやすく、1pips = 1円とします。

トレード結果をより正確に分析したいとき

以下に2つの日経225取引例書いたので、両者を比較してみましょう。

Aさんは日経225を100単位分取引し、1万円稼ぎました。

一方、Bさんは日経225を200単位分取引し、Aさんと同じく1万円稼ぎました。

どちらも獲得金額は同じなのですが、正確に分析すると獲得pipsが違うのです。

両者とも注文時の日経225は2万円とし、取引を式にして比較してみましょう。決済時の値段の違いに注目してみて下さい。

Aさん 10,000(利益) = 20,100(決済時)× 100 – 20,000(注文時) × 100

Bさん 10,000(利益) = 20,050(決済時)× 200 – 20,000(注文時) × 200

計算式で比較すると新たに分かる点があります。それは注文時と決済時の値幅が違うという点。

Aさんの場合は値幅が100円で、Bさんの場合は50円です。つまりAさんの獲得pipsは100pipsで、Bさんの獲得pipsは50pipsということになります。資金が多ければ多いほど、少ないpipsでも大きな利益を出せるわけですね。

また、100pipsを獲得するのと、50pipsを獲得するのとでは難易度が全く違います。多くpipsを獲得しようとすれば、それにともなってトレードの難易度も上昇するのが大抵です。より注文のタイミングを見極める必要があったり、思うように値段が動かないと決済まで時間がかかったりしますからね。

そのため、ただ単に「一万円稼いだ!」と言うだけでは正確な分析とはいえません。どれほどの資金でどれほどのpipsを獲得したのかを考えてから、初めて正確に分析しているといえるのです。

資金力が違うトレーダーと会話するとき

上の項目と似てはいますが、pipsを使うと、より本質的な意味でトレーダーと会話できます。とあるトレーダー2人の会話を例にしましょう。

Aさん「今週は100万円稼げたよ」

Bさん「そうなんですか、僕は今週10万円しか稼げませんでした」

この会話で分かるのは、Aさんのほうが圧倒的にすごいということですね。しかし、本当にそうなのかはまだ疑問が残ります。なぜなら、2人とも自分がどれほど資金をかけて稼いだかについて触れていないからです。

例えばAさんは1億円かけて100万円稼ぎ、Bさんは100万円かけて10万円稼いだとしたらどうでしょう?

1億円で100万円稼いだら、資金に対して1%の利益ということになります。対して100万円で10万円稼いだなら、資金に対して10%の利益です。

両者ともレバレッジ10倍で取引した場合、Aさんの獲得pipsはたったの20前後なのに対して、Bさんは200前後ものpipsを獲得しています。(前後と書いたのはそのときの相場によるため)

これを踏まえて、先ほどの会話を金額からpipsに置き換えてみましょう。AさんとBさんの立場は全く逆転してしまいます。

Aさん「今週は20pipsプラスだったよ」

Bさん「そうなんですか、僕は200pipsもプラスでしたよ」

この会話を聞いたなら、どちらのトレード手法を知りたくなるかは明白ですよね。

 損益をpipsで考えるクセをつける

これまでの解説でお伝えしたいのは、損益をpipsで考えるクセを身につけてほしい、ということです。

クセをつける一つの方法として、ノートにトレードの結果(取引数量、獲得pips、反省点など)を記録しておくのもオススメです。

記録をし続ければ、自分の手法がどのくらいの期間でどれだけ利率を出せるのか分かるようになります。そして自分の資金力が変わっても、同じ手法を続ければ同じ利率で収益をあげられるのです。

もちろん金額のことが気になる気持ちは分かるのですが、トレードにおいて、実は稼いだ(失った)お金の量はあまり重要ではありません。それに、金額を気にすれば気にするほど、高額な取引をするときにメンタルが不安定になります。

勝てるトレードをするためにはpipsを理解し、活用することが重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去10年の検証に耐えた
CFDのトレードノウハウとは?

株トレーダー育成コミュニティ「トレーダーズ・ジム」では、相場の本質を突いたノウハウを会員の方々に提供し、リスクの絶えない金融の世界で着実に成果を上げ続けてもらうことに成功しています。