CFDとは?初心者にもわかる差金決済取引

こんにちは! 株識編集部の前田です。

今回は投資初心者やCFDに興味がある人に向け、「CFDとは何なのか?」をできるだけ分かりやすく解説していきます。

CFDは金融商品としては比較的新しく、日本ではまだまだ浸透してない資産運用法です。投資といえば株式投資やFXを思い浮かべる人が圧倒的に多いと思いますが、これらに興味があるならぜひCFDについても知っておいて損はないでしょう。

なぜならCFDにある様々な銘柄の中には株式投資に関係するものもあり、FXとCFDは仕組みそのものがよく似ているからです(そもそもFXとはCFDの一種です)。

この記事では、CFDとは何かという概説的な内容に始まり、CFDと他の金融商品の相違点などについて触れています。さらに、最後まで読んでいただければFXの仕組みも理解できるという、一粒で二度美味しい記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

CFDの概要

CFDとは様々な銘柄を売買して利益を得る取引のことです。差金決済取引とも呼ばれ、FXもこれにあたります。

差金決済取引は英語で Contract For Differenceと言い、これを略してCFDと呼ぶわけです。

売買したときの差額によって得られる利益をキャピタルゲインと言いますが、CFDでは主にこのキャピタルゲインを狙って利益を上げていきます。

多種多様な銘柄で取引できる

CFDは取引できる銘柄の種類が豊富なことが魅力の一つです。CFDで取引できる銘柄には、国内外の株、株価指数、はたまた石油や貴金属の先物取引など、実に様々なものがあります。

冒頭で僕は「FXはCFDの一種」ということを書きましたが、数あるCFDの銘柄の中でも為替を取り扱うもののことをFX(Foreign Exchange)と言います。

株に関係したCFDの中では、株価指数を取り扱うものが有名ですね。日経225S&P500など、多くの方がニュースで見たり聞いたりしたことがあると思いますが、これらはCFDトレーダーが取引する銘柄の中でも特にメジャーなものの1つです。

日経225・S&P500どちらも平均株価のことで、景気を推し量るときに重要な指標となる。代表的(取引が活発)な銘柄の株価を平均化することで数値が算出される。

日経225は名前の通り日本の企業225社の銘柄が採用されておりS&P500はアメリカの企業500社の銘柄が採用されている。

CFD最大の魅力はレバレッジ

CFDで得られるキャピタルゲインをより大きくする仕組みがレバレッジです。逆に言うと大きな損失を被ったときはレバレッジに原因がある可能性が高いです。

これからCFDを始めるという初心者はレバレッジについて正しく理解する必要があります。

証拠金取引のこと

レバレッジについて解説する前に、証拠金取引のことについて少し触れておきます。

例えば株式取引では、証券会社に預けたお金は実際に株券を購入するために使います。ですが証拠金取引において、証券会社に預けたお金は実際の取引では使いません。

証券会社に預けたお金は、取引で損失が生まれても決済ができるようにしておく担保のような役割を果たします。このお金を特に証拠金と呼び、この形態を取る取引こそが証拠金取引なのです。

この仕組みによって実際の資金よりも大きな額で取引を行うことができますが、これをレバレッジと言います。

レバレッジによって自己資金の何倍もの額で取引できる

レバレッジとは英語でLeverageであり、「テコ」のことを表します。つまり自己資金(証拠金)にテコ入れをして、さらに高額な取引をするというわけです。

例えば株式投資で100万円の取引がしたいと思ったら実際に100万円を自分で用意する必要がありますが、CFDはその必要がありません。10万円の証拠金でもレバレッジをかければ100万円もの取引が可能なのです。

上記の場合、証拠金(10万円)に対して10倍の額(100万円)で取引しているので、10倍のレバレッジがかかっている状態ですね。

CFDはこの仕組みをとっているので自己資金が少なくても高額の取引が可能であり、爆発的な利益を狙えることが最大の魅力です。CFDが数ある資産運用法の中で資金効率が良いと言われる理由はここにあります。

レバレッジは最大の魅力であり、最大のリスクでもある

レバレッジをかければ爆発的な利益を狙えるのはもちろんなのですが、その分大きな損失を生む可能性もはらんでいます

例えば、「FXでたった一日のうちに何百万円も負けた」などの話を見たり聞いたりしたことがある人は多いと思います。このように短期間で大きな損失を生む原因は、レバレッジのかけ方にある場合が多いです。

このリスクのため、投資家保護の観点から日本の証券会社でCFD取引をする場合、レバレッジは50倍まで(FXは25倍まで)と海外と比べてかなり規制が厳しいです。

レバレッジを大きくかけて取引したければ海外の証券会社に口座を開くということも視野に入りますが、あなたが全くの初心者であるなら、資金が少なくて済むとはいえ初めから高額の取引をするのは避けましょう。

まずは低いレバレッジやデモトレードなどから始めて経験を積んだり知識を蓄えたりすることが大事です。

デモトレードなら、実際のお金ではなくバーチャルなお金を使ってゲーム感覚で取引できるので特にオススメです。ゲーム感覚という表現をしましたが、チャートは実際の取引と連動しているのでデモトレードでも本当に取引をするのと同じような経験が積めます。

CFDで利益を狙うもう一つの方法、オーバーナイト金利とは?

CFDは売買によって得られるキャピタルゲインの他にも、インカムゲインによって利益を上げることができます。

インカムゲインとは?
何かしらの金融資産を保持しているときに得られる利子所得のこと。FXの場合はスワップ金利、株の場合は配当金、不動産の場合は家賃収入などがこれにあたる。

CFDで得られるインカムゲインとはオーバーナイト金利のことです。

オーバーナイト金利はCFD取引で売り注文を出し、売りポジションを保有しているときに定期的な利益として働きます。この時レバレッジをかけていたとしたら、もちろん金利にもレバレッジがかかります。

逆に買いポジションを保有する場合、オーバーナイト金利は定期的な損失として働くので注意しましょう。

ちなみにオーバーナイト金利は毎日午前6時を過ぎた時点で発生するので、スキャルピングやデイトレードのような、その日のうちに取引が完結するトレードスタイルを取るなら気にしなくても良いといえます。

しかしその日だけで完結しない、中期から長期に渡ってポジションを持つトレードスタイルの場合、オーバーナイト金利のことについてよく気にする必要があります

まとめ

CFDに限らず投資全般に言えることなのですが、経験を積めば積むほど、知識を蓄えれば蓄えるほどトレードは上手くなり、利益を上げやすくなります。CFDは運勢ありきのギャンブルではありませんからね。

そして経験と知識の他、重要になるのがメンタルです。

全く素人の状態からある程度トレードを重ねて知識もついてきたのにどうしても負けが込んでしまう……、メンタルの弱い初心者がこんな状態になったらやめてしまうかもしれませんね。

ですが負けが続く原因の一つに、初心者ゆえのメンタルの弱さがトレードに影響を与えている可能性もあるのです。トレードをするとき、感情に振り回されてはいけないのが基本です。

負けが続いてしまうときは原因を追求すべきですし、市場は常に勝てる状態にあるとは限らないので、早く利益を上げたいという気持ちを少し抑えて一旦様子を見るというのも一つの手です。

ですが人間一人の能力は限界があり、自分では気づけないようなことも多くあります。そんなときに役立つのはトレーダー仲間が集まるコミュニティです。

自分一人で勉強したり情報収集するのは大変そう、負けが続いたときにメンタルを維持できるか不安という方はコミュニティに参加して初心者トレーダーたちと一緒に学んでみるのも一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去10年の検証に耐えた
CFDのトレードノウハウとは?

株トレーダー育成コミュニティ「トレーダーズ・ジム」では、相場の本質を突いたノウハウを会員の方々に提供し、リスクの絶えない金融の世界で着実に成果を上げ続けてもらうことに成功しています。